株式会社 シーメイダ

アレルギー

抗アレルギー作用・・・抗原物質と生体内の抗体が異常反応することをアレルギー反応といいますが、この作用については、現在一般的に知られるようになりました。 以前、生活場所の近くに多くの自然・植物があった時代は、花粉症やアトピー性皮膚炎は今のように多くなかったのです。
最近、急激にそのような現象が増えている要因はほとんど解明されていません。ただ症状に対する対処療法が行われているだけではないでしょうか。

アレルギー

抗アレルギー作用に対して、フィトンチッドが有効であるという科学的なデータはまだ得られていませんが、アレルギー症状の方々に継続的に、フィトンチッドの希薄水溶液を噴霧使ってもらうと、その症状が改善する場合が多いのです。
湿気を含むように、表面の皮膚になり保湿効果が。フィトンチッド成分によってでたというよりも 直接的に保湿効果を発揮するようです。皮膚の表面の細菌バランス(フローラ)がフィトンチッド雰囲気により自然のある状態に変わるためではないかと考えられます。
このフローラが変化することによって、色々な代謝生産物などの作用が沢山の症状をよくするのではないかと考えています。 花粉症性鼻炎などの症状の改善も同じような現象によりもたらされているものと推測出来ます。

詳しくばこちら

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP