株式会社 シーメイダ

加齢臭

加齢とは、生まれた瞬間から人生が終わるまでの時間の経過、いわゆる暦年齢をさします。「加齢臭」の臭いの物質の正体を「ノネナール」といいます。
この臭い物質は男性女性問わず同じように皮膚からでます。
フィトンチッドには、もう一つ消臭に有効な作用『 抗酸化作用 』 があります。加齢臭の原因は、通常の体臭と全く異なります。 加齢臭は、皮膚の奥底にある皮脂成分「パルミトオレイン酸」と皮膚表面近くの過酸化脂質が混ざり合って発生する「ノネナール」という臭い物質が原因です。 酸化するという事は、「活性酸素」が体内で増加するという事なのです。活性酸素の持つ強い攻撃力を使って、ウィルスや細菌を退治する大切な役割があるので、活性酸素がすべて有害物質という事ではなく、必要以上に 増加してしまうことで、健康な細胞まで死滅させてしまうので有害物質となってくるのです。

加齢臭

人間は呼吸によって酸素を体内に取り入れていて、呼吸以外にも紫外線、大気汚染、農薬や電磁波などの環境因子の他、生活習慣の乱れ、偏った食生活などの様々な要因で、活性酸素は体内で増えていきます。活性酸素が増えて、身体が酸化すると、加齢臭の原因物質「ノネナール」も増加してしまうという事です。フィトンチッドには、この活性酸素を除去する効果があり身体の老化を抑制するので、ノネナールの発生を防ぐ効果が期待できます。

 

詳しくばこちら

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP